一級建築士通信Logo 一級建築士通信
Homeへ
Home > 普遍のテクニック エスキス/Page1 合格者の問題用紙


エスキス ■ 試験中に問題用紙に書かれたメモなどを参考にして下さい。


読込み状態と問題用紙

問題用紙への書込み

概要 本試験中に書き込まれたメモです。実際の試験状況の中で、要求事項をどのようにチェックしているかを参考にし、自分なりにアレンジして下さい。
マーカー 青マーカー:重要と思われる部分
赤マーカー:解答図面に書込みが必要な部分
エリア1 建築面積のチェック エリア1の拡大へ
エリア2 敷地図への書込み エリア2の拡大へ
エリア3 階高の計画 エリア3の拡大へ
エリア4 昇降機の形態チェック エリア4の拡大へ
エリア5 所要室からのメモ書き、グリッド数など エリア5の拡大へ
エリア6 雑記 エリア6の拡大へ

 

エリア1 建築面積のチェック

面積チェック
解説 敷地面積と建ペイ率より建築面積のチェック、7mグリッドでのグリッド数を検討しています。

△上に戻る
 

エリア2 敷地図への書込み
敷地図のメモ
 
解説 問題を読みながら、おおざっぱな配置計画と、2パターンの建物入口の可能性を探っています。
△上に戻る
 

エリア3 階高の計画

階高メモ

解説 問題を読みながら、階高と断面計画、関係の深い要素をスケッチしています。

△上に戻る
 

エリア4 昇降機のチェック

昇降機チェック

解説 昇降機の形式チェック。試験場でテンションが高くなれば、やはり何処かに読み飛ばしも出てきます。

△上に戻る
 

エリア5 所要室からのメモ書き、グリッド数など

所要室メモ

解説 室単位でのおよそのグリッド数(7mグリッド)や、備品の大きさ(ロッカー 30×50cm)、室と室との結びつきが書かれています。
a プール室との結びつき (観覧、ギャラリー、屋上庭園)
b この室は、鏡が必要。図面に忘れずに記入するためのメモ。
c 更衣室との結びつき (プール、トレーニング、エアロビ)
d レストラン (外部からの動線、異種用途とも考えられるので防火区画?)
※異種用途の境界線は
主たる用途の付属的な施設だと異種用途はなし、今回場合は部門が「その他」の部門とされているので、防火区画が必要です。
e プール観覧スペース (ホールの延長上の模索、観覧、3F)
f 延べ面積 2300から2800 (7mグリッドにて 小46・中間51・大56)
 

エリア6 雑記

雑記
 
解説 面積計算(グリッドの単位)の雑記です。

△上に戻る

Copyright (C)2005 1kyuu.com ALL Right Reserved.