力の原則

home > 理解手段編 構造目次 > 力の原則 > 例題 (1)

初版 2002/12/19  最終更新日 2003/2/2

■ 例題 (1) 解説



例題 (1)
単純梁例題 図に示す梁の曲げ応力と支点反力を解いて下さい。
解答例
解答 公式で解くと、モーメント図と反力はこのようになります。

ΣY=0
ΣM=0 の原則を基に解いて見ましょう
まず支点反力から求める
支点反力 50kNの荷重が3:2の割合で支点に伝達されます

わざわざ公式を覚えなくてもこのような荷重状態の場合、荷重スパンの比で伝達されますので利用して下さい。

荷重伝達の順番を追ってみましょう
 1、50kNの荷重が作用します。
 2、50kNの荷重が左右の支点に分かれます
 3、分かれる割合は3:2


次に進む前に反力の合計と作用荷重の合計(ΣY=0)を確認して下さい

次に曲げモーメントを求めます
曲げモーメントの理解 まず、50kNの荷重がVa、Vb支点で支えられて、その結果梁がたわむ事を理解して下さい。
その時回転しようとする力が曲げモーメントです。

a支点から作用荷重点に向かって30kN
b支点から作用荷重点に向かって20kN

の力で梁を曲げようとしています。
曲げモーメントは力×距離
曲げモーメント図 M = Va -30 × 2m = -60kNm
M = Vb 20 × 3m = 60kNm
モーメントの合計(ΣM=0)を確認して下さい。

荷重を左右の支点に3:2で分けたのですが、その反力から求めた曲げMが吊り合っています。

△上に戻る

copyright(c) 2002-2003
1kyuu.com & hiroki group
All rights reserved.